鍼灸治療

全身(全心)調整を目的とした治療です。

当院の治療は全身(全心)の調整を目的とし、主に東洋医学的な視点からの治療を行います。
患者様のその時の状態にもっとも適した刺激の量と強さの施術。
辛い症状はもちろん、その原因にアプローチしていきます。
また自律神経失調症・不定愁訴・婦人科の症状に関しての経験も豊富です。

つらい状態に戻らないよう、体質改善に重きをおいて治療にあたっています。

当院は鍼灸の手技に重きを置いており、機械などに任せきりにしません。
常に身体の変化を感じながら施術をします。

初診ですと、2時間程度の余裕をみていただければ助かります。

 

鍼灸1

基本は、治療中も治療後も「気持ちよい」「気持ちよかった」です。
つらさを耐えるような治療は行いませんので、ご安心ください。

鍼灸2

鍼灸3

鍼灸4

私は患者様の伴走者でありコーチであり応援団です。

鍼治療というと、「何だか分からないけどツボに刺したら魔法のように良くなる。」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

実際にそんな簡単に行けば良いのですが、身体はそんなに単純ではありません。
特に慢性の症状の場合は、それぞれの患者様に対応した治療が必要になります。
決まりきったツボなどないのです。

患者様から
「良くなりました、有難う。」の言葉を頂きます。
本当に有難いのですが、身体を治しているのは鍼でもお灸でもありません。
ましてや、私の力などではありません。

では、どうして良くなるのでしょう。
それは、
患者様の身体が治していくのです、鍼もお灸もそのお手伝いをしているだけなのです。

辛い症状は、身体が良くなる帰り道が分からなくなっている状態です。その帰り道を示してあげれば自然と良くなっていきます。

私は、患者様が安全に帰っていただくための
伴走者・コーチ・応援団でありたいと考えています。

・東洋医学は病名だけで判断して治療は行いませんので、「病院に行ってもどこも悪くないと言われる。」といった不定愁訴でも、どうぞご相談ください。

※吸い玉(カッピング)治療・光線療法・テーピング等を併用する場合があります。もちろん追加料金はありません。

※初診の方は問診や検査を行うため、どうしても最初は時間がかかってしまいます。できれば2時間程度の余裕をみて頂ければ助かります。

WHO(世界保健機構)では、次の疾患に鍼灸治療が適応であることを認めています。

分類 適 応 疾 患 の 例
神経系 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・  頭 痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷 の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)等
循環器系 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ等
呼吸器系 気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾等
代謝内分秘系 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
生殖・泌尿器系 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊等
耳鼻咽喉科系 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎等
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
Copyright(c) 2015 http://www.hilo89.jp/ All Rights Reserved.