Archive for the ‘ブログ’ Category

お灸で牛の不妊改善 安価で負担少ない

2017-06-13

 

「牛の不妊をお灸で改善」

というニュースが話題になっています。

牛の妊娠 お灸が効果 手軽で低コスト Yahoo!ニュース

 

繁殖改善の治療方法はホルモン剤の使用が主流だったが、獣医師の指示がないと使えず、繰り返し使うと効果が弱くなるなどの課題があった。

 

とのことで、何回も臨床を重ねてマニュアルを作り上げるまでに

至ったそうです。

 

 

 

 

面白いのは、お灸を載せる台座にお味噌を使うところ。

実は、人間へのお灸でも「隔物灸(かくぶつきゅう)」

といって、お味噌や生姜、ニンニクのスライスをお灸を乗せる台座に使うことは珍しくありません。

お灸の熱の緩和と生姜等の持つ温める作用に注目したやりかたです。

 

 

動物は嫌な事は我慢しません、できません。

ですので、動物への鍼灸は結構難しいこともあるようです。

 

牛も嫌がらず、妊娠の効果があるということは気持ち良いのでしょうね。

 

身体のツボを刺激する事によって改善を図る。

昔の人たちが積み上げた鍼灸という技法、凄いですね。

 

【映画】メッセージ 観てきました。

2017-06-05

 

映画「メッセージ」を観てきました。
周りの評判が良かったのと、

「ちょっと一言では説明できない・・・」等の言葉を聞き

是非観たくなったのです。

 

観た感想・・・

確かに一言では言い表せない映画でした。

 

ジャンルとしては、「異星人コンタクトもの」です。

何の目的なのか全く分からないため、意思の疎通を図ろうと

女性言語学者が召集されます。

 

そして、その際に使われるのが、異星人の文字です。

 

日本の「書」を参考にしただけあって、

書道の「丸」みたいです。

 

この映画、これ以上ネタばらしをすると面白さがなくなるので書きませんが、

 

「静謐」

せいひつ・・・という言葉が浮かびます。

 

派手なシーンがあるわけでもなく、

SFという形を取っていますが、人間を描く映画でした。

 

常に低いトーンで緊張感が続きます。

思い返すと、とても静かな映画です。

 

 

過去、現在、未来

全てが常に自分の内に存在する。

 

どんな因果も全て自分が選択できる。

「今」の瞬間を味わうのだ。

そんな思いを持ちました。

 

「何度も見返すことができるよう、編集に気を使った。」

と監督がインタビューで語っていましたが、

確かに見終わった後、

「あぁ、そうなのか、そうだったんだ。」

という驚きが待っていました。

 

もし、ご覧になるのでしたらこれ以上の情報は入れずに

まっさらの状態で観た方が楽しめると思います。

6月の予定

2017-06-02

今月の日曜日の休診は25日のみとなっております。

 

3日(土) 午後休診 
8日(木) 午後休診 
15日(木) 14時最終受付
25日(日) 休診
 

毎週水曜日定休日となっております。

やっぱり、実際にやらないとわからない

2017-06-01

 

高無宝良 武蔵流剣術 宮本武蔵の二刀流 実技とその変遷 [DVD]高無宝良 武蔵流剣術 宮本武蔵の二刀流 実技とその変遷 [DVD]
5,724円
Amazon

 

剣術のワークショップでお世話になっている、
高無宝良(たかなし たから・本名)先生のDVDが発売になりました。

高無宝良 武蔵流剣術 宮本武蔵の二刀流 実技とその変遷

 

表紙も題名も格好いいです!

 

剣術の理合(りあい)
剣や身体の正しい使い方や、その考えに関してわかりやすく説いてくれています。

しかし、実際にワークショップで身体の捌き方を教わってなかったら

先生の動きの凄さはわからなかったと思います。

単にゆっくり動いてるだけに見えたりするので、簡単にできそうに見えるのです。

なんでもそうですが、凄い人って難しい事を誰にもできるような感じで簡単にやってみせてくれます。

 

実際に自分で動いてみたら、ダラダラ汗をかいて

身体中ブルブル震えて大変なのですが・・・

 

 

鍼灸も教則のDVDは結構な数でているのですが、

結局それだけでは習得できません。

どうしてもその技術を自分の物としたければ、

実際に会って手ほどきしていただき、自分の身体で体験しないと身に付かないです。
 

鍼灸の知識も技術も果てが在りません。

どこまで自分が行けるのか、それに関しては楽しみです。

 

耳ツボと意識

2017-05-15

 

最近、耳ツボを使うことが多いです。

 

耳ツボは東洋医学とは別の発展をしてきました。

現在知られている最古の治療は、紀元前4世紀にヒポクラテスが男性の不妊に対しての治療と言われています。

 

現在の耳介療法は1956年にフランスのDr.ポール.ノジェの論文発表が基礎となっています。

 

私の場合は耳介療法のみを治療に使用する事はないのですが、

まずは最初の治療で行なうことが多いです。

そうすることで、本来の悪いところが浮かび上がってくることが多いのです。

 

先日も、いわゆる四十肩で腕が上がらない、顎関節症で口が開けにくい。という患者さまがいらっしゃいました。

 

早速、最初に耳の反応点に鍼をしますと・・・

 

腕が上がる!
口が開けられる!

 

その後は、全体の調整と局所の調整で更なる改善を目指していくのですが、

何故、こんな軽い刺激で変化があるのでしょう?

耳にピアスをしている方は沢山いらっしゃいます。

しかし、それで体調が良くなった、悪くなったという話を聞いたことがありません。

 

 

私が思うに、それは意識の問題なのかなぁ、と考えるようになりました。

 

鍼やお灸をする時、

その鍼の一本、一ひねりのモグサには意味があります。

決して適当にすることは考えられません。

 

その目的と意図を持っての行為

その意識を持っての刺激が効果を与えているのかも知れません。

 

やっぱり鍼って面白くて不思議です。

ゴールデンウィークの予定

2017-04-25

 

今月、GWの代休をいただきましたので、5月の連休は診療をおこないます。

よろしくお願いいたします。

 

診療予定は下記の通りとなります。

 

 

4/29日(土)14時最終受付
5/5日(金) 午後休診

 

上記以外,3日(水) 日曜も診療行ないます。

 

 

4/29 (土) 14時最終受付

   30 (日) 診療

 

5/1 (月) 診療

    2 (火) 診療

    3 (水・憲法記念日) 診療

    4 (木・みどりの日) 診療

    5 (金・こどもの日) 午後休診

    6 (土) 診療

    7 (日) 診療

 

不思議な夢の中に居るような喫茶店

2017-04-17

 

金沢では必ず行きたかったお店がありました。

 

「純喫茶 ローレンス」

 

作家の五木寛之氏が常連で、直木賞受賞もこのお店で電話をもらったらしいです。

 

 

ネットで調べると

不思議なお店・奇妙なお店・変わったお店

といった形容詞が沢山あるので、是非確かめたかったのです。

 

いざ!向かいましょう。

 

急な曲がった階段を上り、三階のお店へ

 

 

やっと来ることができました。

 

 

 

最初に目に付くのが大量のドライフラワー

 

 

その中に埋もれるようにお年を召した女性の店主がお一人居られました。

 

先客が3人居りまして

お一人はご常連

もう二人は私と同じ観光客のようです

 

 

すごくお話で盛り上がっています。

 

どうやら気難しい店主ではなく、かなりのお話好きのよう。

ちょっと一安心(笑)

 

ほどなくして注文した珈琲がきました。

というか、メニューには沢山商品がありますが
珈琲と紅茶とココアしか提供できないようです。
うーん、面白い。

 

 

この珈琲、なかなか美味しいです。

量もたっぷりで
この後、長時間いたら無料でもう一杯いただきました。

気分次第で、いつものサービスではないと思います。

 

 

他の方が出て行かれ、店主と二人になったのですが

そのあと話す事は

ご自身の不健康のことと、金沢人の悪口のみです(笑)

 

こう書くと、物凄く居心地の良くないお店のようですが

なんというか、この口調がもう芸の域にまで達しています。

 

深海の底のような、夢の中に居るような店内で

店主と他愛無い話をポツポツとしていると・・・

 

なんだかこのお店しか存在がないように思われてきて・・・

 

 

本当に不思議なお店です

 

これは唯一無二

 

親から継いだというこのお店

店主自身の愛するものだけで溢れています

 

店内に居ると、彼女自身に包まれているような感じになります。

 

万人受けはしないお店だとは思いますが

金沢に行かれたら是非訪れてください。

 

開店時間も2時からとなっていますが

ご自身の体調次第で、3時だったり5時だったりのようですので

行く時は余裕をもった方が良いです。

 

 

あまりに気に入ってしまい

翌日も訪れてしまいました。

 

いつまで在るか分かりませんが

もう一回、この喫茶店には行きたいです。

 

 

 

コンニャクを通り抜けたみたい

2017-04-15

 

翌日は、早速有名な千枚田に行ってきました。

 

まだまだ田植え前ですから、水も張っていなくて寂しい感じではありますが・・・
本当に1004枚の田が在るそうです。

 

これを維持し続けるのは大変ですがすごいですね。

 

 

で、次に向かうは今回の本番である、須須神社(すずじんじゃ)の奥宮です。

 

 

須須神社は海の近くに立派なものがあるのですが、

山の上に在る、こちらの奥宮が本物だそうです(地元の方いわく)

 

特に駐車場もなく、知らなければサッと通り過ぎてしまいます。

これは案内されなければ見過ごしてしまいますね。

 

さて、一の鳥居をくぐって参るとしましょう。

 

 

こんな山道をズンズンと進みます。

 

 

こんな感じで進むと二の鳥居が見えてきてくぐりますと・・・

 

「おぉー!」

​​​​​と、同行していた方たちと声を上げてしまいました。

 

なんというか、ムニュっと何かを通り抜けた感覚。

そんな気がしただけかもしれませんが

とにかく鳥居をくぐったとたん、明らかに御神域に入ったのが分かります。

何だかコンニャクを通り抜けたみたいな・・・

 

自分でも感じたくらいですから、ほとんど誰でも特別な場所に入ったのが実感できるのではないかと思います。

 

 

山道を登ること約20分でしょうか

遂に本殿にご対面です

 

 

簡素な作りですが、ピリッとした空気感

有志の方たちで綺麗に清掃されています

 

 

ここは本当に凄いところでした

 

知った人しか訪れないからでしょうか

凛とした厳しい雰囲気

パワースポットなどと生温い言葉では表せない厳かな佇まいがあります。

 

また、是非訪れたい場所ができました。

 

初めての能登半島

2017-04-14

先週はGWの代休として、お休みをいただきまして

能登半島と金沢に行ってまいりました!

 

石川県に行くこと自体が初めてです。

 

今回は知り合いの知り合いが(まぁ他人ですね・・・)

色々案内して下さるという自主的な集まりのツアーに混ぜてもらいました。

 

ツアー当日は朝の7時集合ですので、前日から入ります。

 

金沢駅に到着したのは夕方でしたが、そこからすぐに知り合いが開いているという古民家を改装したというカフェの夕食に向かいます。

 

宝達志水町(ほうだつしみずちょう)という所へ、

 

 

夕陽を浴びながら一時間程度のドライブ。

 

 

 

到着しました!
「里山カフェ そらいろのたね」

 

 

古民家を買い取り、内装から全てご自分の手で改装したという青江ご夫婦。

「いや~、お金ないからだよ。」と笑っておられましたが、いやいやいや、本当に凄い。

 

ストーブ周りまで、ご自身でされたそうで、

「欲しい、と思っていたり、人に言うと資材とが道具が集まってくるの!」

いやぁ流れに乗っていらっしゃいますね、すばらしい。

 

 

お食事も食べきれないほど!

 

 

イノシシの肉もいただきましたが、柔らかく処理され本当に美味しかったです。

 

近くには、あのキリスト教のモーゼが日本で十戒を授かり、最後は日本で亡くなったというお墓があるモーゼパーク」

 

江戸時代からUFOが目撃されていたところから、「UFOの町」

として有名?な羽咋市などがあり、

なかなか不思議感満載な地域でした。

 

ちょっと一晩行っただけでは見きれないです。

これは、もう一回行かねばなりません(笑)

 

あしたは、目的である千枚田と山道を登らねば行かれない神社を目指します。

行ってきます❗

2017-04-02



目的地へ向かう列車に居ます。

ゴールデンウィークは普通に診療を行うので、その代わりにお休みをいただきました。

4月の初旬にまとまった休みを取るのは、経営的にはあり得ないのですが、旅行先の案内いただいた方の都合により、この時期となりました。


こんなわがままな営業日ですが、ゆるしていただいた患者さま。
あるいは初めて来ようかと考えていた未来の患者さま。
申し訳ありません。
ありがとうございます❗


旅先でも学びはあります。
鋭気を養い、戻って参ります。


8日(土)より診療を再開いたします。
« Older Entries
Copyright(c) 2015 http://www.hilo89.jp/ All Rights Reserved.