吸い玉(カッピング)

血液の循環を良くし、コリや痛みの改善を図ります
吸引されているのに押されているような・・・
イタ気持ち良い不思議な感覚です。

初診ですと、施術時間は1時間程度の余裕をみていただければ助かります。

 吸い玉

カッピング、吸角、抜缶等色々な呼び方があります。もともとは中国で何千年も前からある民間療法の一つで、現在でも家庭で行われたりしています。

専用のカップを皮膚に吸着させ、適当な時間(身体の状態によって加減 大体10分程度))そのままにします。
その事により「於血(おけつ)」と呼ばれる、簡単に言うと老廃物を含んだ血液を表面にあげていきます。血液循環をよくし新陳代謝を活発にし、自律神経を整える効果もあります

 カッピング

単にコリの強い部分に行うだけでも、効果があり気持ちの良いものです。
当院では、東洋医学に基づいて経絡とよばれる身体を巡る流れに対しても行います。
患者様の症状や訴えに応じ、最適な強さ量を判断し施術しております。

カッピングを併用した徹底的なメンテナンスを行う。
カッピングセラピーもございます。

細絡刺絡療法 ( メディカルカッピング ) も行ないます。

最近は、メディカルカッピングとも呼ばれています。刺絡とは鍼灸の専門用語で、専用の鍼で患部(細絡)を刺激し、わずかに出血させる、鍼灸師と医師のみに許されている医療行為です。

 細絡 ( さいらく ) とは

腰や脚が重だるい、あるいは頭がボーッとする・・・
鍼灸院に来られる方では珍しい症状ではありません。

ちょっと見て欲しいのが、腰や膝の裏、背中の特に肩甲骨の間の辺りです。
細かく赤い血管、例えはちょっと悪いですが糸ミミズのような細い血管が出ていませんか?
静脈瘤とは違います。静脈瘤は主に下肢に出るもので青く太い血管ですが、それとは違う色が赤くて非常に細い血管です。

東洋医学では「細絡」と呼びます。

氷山の一角という言葉がありますが、正に細絡の状態を表しています。その細い血管の奥には「瘀血(おけつ)」とよばれる状態の血が沢山潜んでいます。

それを改善するのに一番適してるのが、吸い玉(カッピング)だと考えています。

カッピングに期待できる効能
・血行の改善
・新陳代謝の活発化
・免疫力の向上
・関節可動域の向上
・内臓諸器官の働きを良くする
・自律神経の調整
・皮下組織の深部までのマッサ−ジ効果

症状によっては赤黒い跡が残りますが、一週間程度で消えます。
毎回確認はしますが、跡が残るのが嫌な場合はおっしゃって下さい。

※体調や皮膚の状態をみて、吸い玉治療をしない場合があります。
その場合は、きちんと理由も説明しますがご了承ください。

※カップの滅菌処理は毎回行っております。

下記の症状が当てはまる方は吸い玉(カッピング)治療を控えて下さい

・弁膜症など心臓、血管が弱い方
・強度の全身性貧血
・極度に身体が衰弱している
・急性伝染病や熱性病
・重度の糖尿疾患
・風邪をひかれている方
・妊娠中の方(妊娠19週以降は可能な場合があります、ご相談ください)

Copyright(c) 2015 http://www.hilo89.jp/ All Rights Reserved.